演劇出版社Top





演劇界表紙
表紙■松本幸四郎
『梶原平三誉石切』梶原平三景時
撮影■篠山紀信
題字■伏木壽亭
演劇界バックナンバーのご紹介

『演劇界』2014年3月号

2月5日(水)発売
本体:1,333円(税別)

定期購読


注文する

買い物カゴを見る




◎小道具ものがたり ―― 湯川弘明
 『鏡山旧錦絵』蘭奢待の香箱と岩藤の上草履
◎巻頭大特集
初芝居――壽午歳戯場国賑(ことほぐうまどしかぶきのにぎわい)
  

  歌舞伎座
  国立劇場
  新橋演舞場
  浅草公会堂
  大阪松竹座

◎連載ロングインタビュー「守・破・離 芸をつなぐ」
 坂東秀調
 聞き手=大島幸久
◎若手花形インタビュー「緑立つ季節」
 坂東新悟
 聞き手・文=清水まり
◎染五郎の歌舞伎摩訶不思議
 文・絵=市川染五郎
◎上方歌舞伎の名舞台
 山田庄一が語る、二代目實川延若と三代目中村梅玉の芸
 聞き手=渡辺 保
 『本朝廿四孝』「筍掘り」延若の山樵横蔵後に山本勘助
◎歌舞伎名作案内
 大商蛭子島
 解説=光延真哉
◎名優の食卓
 初代中村吉右衛門
 文=大島幸久
◎十二、一月の舞台
 ○伝統歌舞伎保存会 研修発表会
 ○初春新派公演
 ○青山劇場
 ○国立文楽劇場
◎劇評
歌舞伎座水落 潔
国立劇場小玉祥子
新橋演舞場上村以和於
浅草公会堂犬丸 治
大阪松竹座亀岡典子
国立文楽劇場宮辻政夫
青山劇場田中 聡
◎連載
ことばの華―心に届くセリフ
『壺坂霊験記』沢市女房・お里文=竹田真砂子
名舞台こぼれ噺
二代目鴈治郎の最後の光芒文=小山觀翁
子ども歌舞伎をたずねて
たてやま村歌舞伎保存会[千葉県館山市]
◎情報
 二月の歌舞伎
 今月の歌舞伎 見どころ
 演劇界情報
 家で楽しむ歌舞伎
この一冊――金子 健
テレビ・ラジオ放送ガイド
 資料 上演記録 1〜2月
 次号予告
 バックナンバーのお知らせ

▲このページのトップへ戻る
今月のカラー写真

今月号には、1月の舞台から次の俳優のカラー写真が掲載されています。

※[演目名]俳優名 役名

●歌舞伎座 歌舞伎座新開場柿葺落 壽初春大歌舞伎
[乗合船惠方萬歳] 橋之助の大工幸松、翫雀の通人杏雨、児太郎の芸者駒菊、
梅玉の萬歳鶴太夫、彌十郎の田舎侍、又五郎の才造亀吉、
孝太郎の白酒売おふじ、扇雀の女船頭お浪
秀山十種の内[松浦の太鼓]吉右衛門の松浦鎮信
秀山十種の内[松浦の太鼓]歌六の宝井其角
[鴛鴦襖恋睦 おしどり]魁春の遊女喜瀬川
[鴛鴦襖恋睦 おしどり]橋之助の股野五郎景久
[仮名手本忠臣蔵 九段目 山科閑居]藤十郎の本蔵妻戸無瀬
[仮名手本忠臣蔵 九段目 山科閑居]幸四郎の加古川本蔵
[仮名手本忠臣蔵 九段目 山科閑居]扇雀の本蔵娘小浪
[仮名手本忠臣蔵 九段目 山科閑居]梅玉の大星力弥
[東慶寺花だより]染五郎の中村信次郎
[東慶寺花だより]孝太郎の唐子屋内儀おせん
[東慶寺花だより]秀太郎の国分屋内儀お陸
[東慶寺花だより]翫雀の国分屋惣右衛門
[天満宮菜種御供 時平の七笑]我當の左大臣藤原時平

●国立劇場 初春歌舞伎公演
通し狂言[三千両初春駒曳]菊五郎の小田三七郎信孝
通し狂言[三千両初春駒曳] 田之助の大徳寺住職徳善院、梅枝の藤右衛門娘お豊、
松也の小田家家臣小早川采女、團蔵の小田家家臣小早川帯刀、
時蔵の真柴筑前守久吉、菊五郎の小田三七郎信孝、藤間大河の小田三法師丸、
菊之助の照菊皇女、権十郎の真柴家奉行職浅野長左衛門、
松緑の柴田修理亮勝重、亀三郎の真柴家奉行職石田三郎右衛門、
亀寿の真柴家奉行職増田長兵衛、竹松の真柴家奉行職長束正太夫、
右近の真柴家奉行職前田玄太左衛門
通し狂言[三千両初春駒曳]時蔵の土屋庄助女房小谷
通し狂言[三千両初春駒曳]松緑の柴田修理亮勝重
通し狂言[三千両初春駒曳]菊之助の大工与四郎

●新橋演舞場 初春花形歌舞伎
通し狂言[壽三升景清]海老蔵の悪七兵衛景清
通し狂言[壽三升景清] 萬太郎の日天、福太郎の飛天、芝雀の吉祥天、海老蔵の悪七兵衛景清、
獅童の摩利支天、新悟の伎芸天、廣松の月天
通し狂言[壽三升景清]芝雀の傾城阿古屋、福太郎の一子人丸
通し狂言[壽三升景清]獅童の秩父庄司重忠
通し狂言[壽三升景清]左團次の三保谷四郎国俊

●浅草公会堂 新春浅草歌舞伎
[博奕十王]猿之助の博奕打
源平布引滝[義賢最期]愛之助の木曽先生義賢
[博奕十王]男女蔵の閻魔大王
源平布引滝[義賢最期]亀鶴の下部折平実は多田蔵人行綱
恋飛脚大和往来[新口村]壱太郎の傾城梅川
[上州土産百両首]巳之助の牙次郎、吉弥の勘次女房おせき
[屋敷娘]梅丸の娘お梅、壱太郎の娘お春、米吉の娘お蝶
[石橋]種之助の獅子の精、歌昇の獅子の精、隼人の獅子の精

●大阪松竹座 坂東玉三郎 初春特別舞踊公演
[村松風二人汐汲]玉三郎の松風、七之助の村雨
[二人藤娘]七之助の藤の精、玉三郎の藤の精
[操り三番叟]猿弥の三番叟、薪車の後見
[於染久松色読販 心中翌の噂]笑三郎の女猿廻しお作、月乃助の船頭長吉
[於染久松色読販 心中翌の噂]七之助の丁稚久松、玉三郎の土手のお六


▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊・ムック 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ 今月のおたより・投稿 おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp