演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[高麗屋襲名、「大阪」夏の陣(七月松竹座 昼・夜の部)]

高麗屋襲名も佳境。松竹座は猛暑のなか舞台もヒートアップし充実。幸四郎は博多座で『鏡獅子』を選ぶなど、幅広い披露演目で京の顔見世では『助六』を期待したい。まずは襲名演目から。白鸚は『河内山』。吉右衛門が愛嬌、仁左衛門が凄味ならば、当代は大胆。玄関先の啖呵も豪快に。「山吹色の」までは時代にその後はさらりと。玄関先で大膳を皮肉る台詞にも工夫が有る。歌六の松江候が我儘な殿様ぶり。彌十郎の家老が手堅い。幸四郎は昼が『勧進帳』弁慶。初役時の様に後半息切れすることもなく全体を通して力と気迫の漲る運び。富樫は仁左衛門。劇場の寸法が計算に入った居所で向かい立つ。播磨屋が立ち塞がる大きな壁だとすれば、松嶋屋は懐の深くも同じ武士として一脈相通じる物を感じさせる富樫。義経は孝太郎。夜は五演目で大阪初登場の『女殺油地獄』与兵衛。周囲に意見されると忽ち意気消沈するが、金の返済を強いられると「河内屋与兵衛も男じゃ」と虚勢。親の愛情に感謝し一時涙もするがそれも刹那、「これ程男の冥利にかけ誓言たててもなりませぬか」できっぱりお吉(猿之助)に拒否されると鐘の音をきっかけに殺意が膨らむ辺り、幸四郎は自然に巧みに演じきる。 周囲では竹三郎の母が流石に上手く、鴈治郎の七左衛門が生真面目な な商人を的確に。「掛乞いに行く門出に捗行の立酒」が文字通り「墓行」に。近松の原文も噛み締めたい。「口上」では鴈治 郎・歌六の挨拶が軽妙。中車の口上が役者らしく板についてきた。 ほかの演目は急ぎ足で。『廓三番叟』は廓の傾城・新造・太鼓持を翁・千歳・三番叟に見立てる趣向。『車引』は上方式に道具も二杯に、また隈のない桜丸としたい処。傘を持って五つ頭の見得を花道七三で一回観たいものだ。『御浜御殿』は自家薬籠中の仁左衛門の綱豊卿に中車が助右衛門で挑む。緊迫した肚の探り合いや台詞の応酬に息をのむ。「作り阿呆」論争で頂点に。壱太郎のお喜世との兄妹愛も見逃せない。(十四日所見)
(野端康善)

[老若(七月 公文協力 東コース)]

『曽我綉侠御所染』は女を巡り旧知の男伊達と現役武士という元同僚の争い。少しだけ野暮だが履く下駄は趣味人を気取る彦三郎、その名も星影土右衛門。通る声ではっきりした敵役はきっぱりと分かりやすい。いつか五郎蔵も見たいと思わせる出来。
(二階囃子)

▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp