演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[「二の替わり」のような幸せな気分(五月歌舞伎座 昼の部)]

元号が改まり、気分としては「芝居国」にまた新年が到来した清々しさが横溢。「二の替わり」のようで一年で二回初春狂言を見られるお得感。これだけで芝居好きにはたまらない気分だ。
『寿曽我対面』からして正月芝居の儀式の極致。令和の幕開けに相応しい。松緑の工藤が座頭役者の貫目を示して刮目させる。十郎五郎兄弟は梅枝、萬太郎兄弟で歌舞伎座では初。おっとりしたなかに品格さえ感じる十郎、むきみ隈が美しい五郎だ。萬太郎の五郎には力感、歌昇の朝比奈には丸味をもうひとつと注文したくもあるが、これからに期待しよう。坂東亀蔵の鬼王新左衛門が行儀よく舞台を締める。如月下旬に再会を約して幕。いつもながら工藤の鶴の見得、兄弟と朝比奈の形が富士山という見立てが目出度い。鬼王は亀という説も。
中幕はこちらも「時しも頃は如月」の本調子で始まる長唄の名曲『勧進帳』。海老蔵の弁慶に松緑の富樫に菊之助の義経という絶好の配役。海老蔵の弁慶は砥の粉を強調した化粧。角々の見得には力感がこもり、客席からはじわが起きる。松緑の富樫は、「判官殿にもなき人を」で死を決意して目を閉じるところに情感が籠った。菊之助の義経に気品。
最後は『め組の喧嘩』。菊五郎・左團次・歌六・時蔵らでここはぐっと大人の芝居に。こちらも幕開けが正月の品川宿島崎楼の座敷で春芝居に相応しい。序幕では菊五郎の辰五郎の引込みの凄み、左團次の四ツ車の重厚で大人の対応が目に残る。時蔵のお仲がこれまた傑作。大詰の喧嘩も軽快と重厚の対比も面白く、立ち廻りの傑作ともいえるこの狂言。『神明恵和合取組』という外題も傑作だ。最後は傑作の連発になったが、先年十八代目勘三郎が復活させた「喜三郎の内」も時に出して欲しいと注文しておこう。(初日所見)
(野端康善)




▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp