演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[大南北の出世作「天竺徳兵衛」(十月国立劇場)]

国立劇場は没後百九十年を迎える大南北の五十歳の出世作『天竺徳兵衛韓噺』。芝翫が初役で挑む。国立では『日向嶋』、チャップリン生誕百三十年記念演目など楽しみな演目が続く。しかし『紙子仕立両面鑑』『敵討襤褸錦』など平成の世についに未上演だった上方所縁の狂言を仁左衛門・現鴈治郎らで実現して欲しいと願う。
徳兵衛の登場で、厚司の衣装が異国帰りを示す記号で歌舞伎独特の美意識。琉球からハワイを経て天竺に至る異国話がラグビーワールドカップや自身の襲名の挨拶など、上手く織り交ぜ楽しくまとめる。宗観は彌十郎。
屋体崩しになり大蝦蟇に乗った徳兵衛が宗観の首を咥えての大見得が前半ハイライト。
大詰は「梅津掃部館」と「奥座敷庭先」。座頭徳市は実在の徳兵衛が晩年剃髪した史実からの南北の連想か。ここも木琴を打つ可笑し味が軽妙。頭巾を取り泉水に飛び込み初演で大評判を取った早替りで斯波左衛門に。長上下の燕手の生締姿が無類。庭先では台本見直しで桂之介が登場。葛城(高麗蔵)の血潮で術が破れ、浪切丸も桂之介の手に。実名を明かした大日丸(芝翫)が三段に乗っての大見得で幕。又五郎の掃部元春が舞台を引締めた。(六日所見)
(野端康善)

▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp