演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[十三年ぶりの小劇場公演(三月国立小劇場)]

三月の国立劇場は十三年ぶりの小劇場での歌舞伎公演。『元禄忠臣蔵』と『関の扉』という二本立だが、『関の扉』ではまさかの菊之助の黒主である。おりしも、歌舞伎座では、日替わりとはいえ、幸四郎が弁天小僧を勤めていて、まるで配役がひっくり返った感じだ。ふたりとも正しく当代の花形世代であるが、この世代は、家の芸は家の芸として受け容れた上で、それを超えることをモノともしないところがある。このあたり、これまでの世代にない突き抜けたものを感じているのは自分だけではあるまい。
というのは、菊之助の黒主がなかなかいいのである。いや、正確にいえば、関守関兵衛がいい。見顕しがあるまでの関兵衛は、怪しさを見せつつも、柔らかさや洒脱なところが必要なところで、立役系の役者はここでよく苦労しているのだが、菊之助はここをうまく見せた。これを単純に菊之助の女形の素養に関連づけるのは早計だろうが、立役専門ではないことのメリットがあったように思われる。さらに、この菊之助に対して、梅枝が小町姫と墨染を勤めるが、赤姫の小町姫はともかく、墨染は傾城と桜の精が重なっている難しい役のはずなのに、きちんと絵になっていた。小劇場という舞台の狭さが味方している部分もありそうだが、それを十分に上回る出来のふたりであった。
一方、『元禄忠臣蔵』だが、この場の真山青果の脚本は膨大な台詞を畳みかけるように応酬させるところに魅力がある。今回は、それに扇雀の綱豊卿、歌昇の富森助右衛門という初役のふたりがそこに挑んだが、激しいやり取りにはなってはいるものの、「畳みかける」というところまでは至っていなかったように感じた。ただ、三月五日所見の舞台だったので、その後、回数を重ねることでその台詞の応酬が激しさとリズム感を増していくのではないか、と期待するところが大きかった。特に、歌昇の助右衛門はそれを十分に期待させるに足る助右衛門であった。扇雀の綱豊卿は初役とは思えぬ堂々としたものがあったが、何となく土屋主税と連想させた。ただ、それも回数を重ねればまた変わることも期待したい。
(高橋直樹)




▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp