演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[三代の芸 五月歌舞伎座・夜の部]

恒例の團菊祭は十二世團十郎の五年祭。歳月人を待たず。早いものだ。夜の部は『白浪五人男』『菊畑』『喜撰』。十二代目の弁天には間に合わなかったがこの優の南郷や駄右衛門は好きだった。もっと長生し古径な鬼一や、踊り上手でもあった成田屋の六歌仙六役通しも見たかったとつくづく思う。さて当月の舞台に戻ると、まず「白浪五人男」。ここでは何と言っても当代菊五郎の弁天小僧が至芸を見せる。恐らくは史上最高齢の弁天。それが「浜松屋」「勢揃」だけでなく「極楽寺立腹」の大立廻りまで見せる。まさに年代記もの。初演の五代目菊五郎から三代続く芸の伝承。五代目には時代味が、六代目には世話味がより強い弁天との印象だが、当代はその間を行く如く。左團次の南郷とは昭和四十一年七月歌舞伎座以来の「鉄板コンビ」。海老蔵の駄右衛門は奥から登場する際にふたりとつるんでいる事がわかるような表情を見せるのはやや疑問。幸兵衛はかつて小伝次や子團次の役どころ。最近は幹部クラスが演ずる事が多い。番頭与九郎の橘太郎が老巧さはないが流石に上手く、丁稚の眞秀が甲斐甲斐しい。青砥藤綱を梅玉が付き合う。続いて『菊畑』。本来ならこちらが幕開けで、『喜撰』『白浪五人男』の順だろう。初役の團蔵の鬼一は七代目八代目と続くこちらも三代の芸。まだ台詞が停滞気味だが仁に適う。持役としたい。幕切れの三人絵面の引張りの見得はいつ見ても浮き浮きする。時蔵の虎蔵も初役。智恵内(松緑)とのノリ地は床と合って歌舞伎らしさの溢れる見せ場。
追い出しが菊之助・時蔵コンビの『喜撰』。『六歌仙』は『遍照』が時代で始まり、最後の『黒主』が見顕しと詰め寄りで大団円というお芝居の定番に添っている。その流れでいえば、『喜撰』は世話場。小野小町もその為、名をお梶に。そのお梶は時蔵。三代目四代目と続く三代の芸。当代は十代目三津五郎との名コンビが目に残るが、菊之助ともしっぽりと。チョボクレを踊ったと思ったら合掌して高僧に還るという変わり身の早さも可笑しい。(五日所見)
(野端康善)

▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp