演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[[夏越](六〜七月 公文協東コース)]

芝翫一行の襲名興行。芝居は数ヶ月前にも出した『猩々』に歌舞伎座での『熊谷陣屋』と慣れたもの。女形での前者は、正月に酒を売った役者をゲストに迎え、盛夏の西も廻るという面白さ。後者は大歌舞伎にも引けを取らない陣容は流石、成駒屋頭領の道中と唸らせる。先代のお好みは無事是名馬で先々代ならご存知赤面の熊谷、大劇場で出した得意の演目は巡業でも。口上、裃姿を初めて見る橘太郎は梶原平次。ガラが小さく見えないかと案じたが杞憂、上手から下手へ捌けるだけなのに十分な台詞の高さで見せる。やはり器用、役者だわい。相模に西の成駒家から扇雀、ふっくら大きさがいい。弥陀六も歌六が余裕で、時間を感じる芝居で総浚いしていく。それぞれの役々が存分に役をしていき、十二分の舞台。
(見る番)

[「つくり阿呆」の難しさ(七月国立劇場)]

『鬼一法眼三略巻』の四段目「一條大蔵譚」。岳父・吉右衛門の監修で菊之助が一條大蔵卿長成に初役で挑む。ちょうど二年前の鑑賞教室で『義経千本桜』の知盛を演じた時はびっくりしたが、今回は父・菊五郎も演じた役でもあり「想定内」。歌舞伎では珍しい「つくり阿呆」という人物造形。上演が増えたのが明治以降と言う点も考えると日本人の「ハムレット」人気にも通じるようにも思う。まず「檜垣」から。鬼次郎夫婦は、彦三郎と尾上右近で良きバランス。彦三郎の鬼次郎はやや口跡に溺れる点を注意したい。咲十郎の茶亭与市が義太夫味は薄いが健闘。鳴瀬は菊三呂で神妙。注目の菊之助の大蔵卿は口を大きく開け阿呆ぶりを強調。が返って幼く見えてしまう点は修正したい。阿呆ぶりが愛嬌として見えてくると本物だ。再演を重ね練り上げて欲しい。花道の七三で鬼次郎と顔をあわせる反応は吉右衛門と同じ手順。ここでは顔を隠さずじっと見ている型も捨てがたい。その方が阿呆らしく、桧扇で顔を隠す演じ方は一瞬でも本心を見せる事になるからだ。お京を召し抱えるところでも本文にない入れ事として「京に田舎あり、田舎にお京あり」と呟くが、ここも実は聡明な点を見せてしまっているようで気になる点だ。続いて「奥殿」。前半は常盤御前(梅枝)と鬼次郎夫婦のやり取り。常盤の揚弓も実は「平家調伏」の矢であったわけで形を変えた「つくり阿呆」とも言える。八剣勘解由(菊市郎)が注進しようとして止められ御簾越しに長刀で大蔵卿に斬られる。原作では常盤の真意を探るのが眼目だが、歌舞伎ではここからの大蔵卿の「物語」が見せ処。ここからの菊之助は「早く行け、とっとと去なしゃませ」で時代から世話に砕ける上手さ、公家らしさと手強さの双方を見せて上出来。但し、岳父のように「ただ楽しみは狂言舞」に込めた「韜晦」故の苦悩・孤独感を滲み出すにはもう少し先か。最後は勘解由の首を手玉のように扱う工夫を見せる。(三日所見)
(野端康善)




▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp