演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[「大人の歌舞伎」満喫(九月 歌舞伎座 昼の部)]

「秀山祭」も早いもので今年が十年目。納涼歌舞伎の若々しさから一転し、当月はいわば”大人の歌舞伎”を満喫する事ができる。昼の部は『彦山権現誓助剱』の九段目の通称『毛谷村』から開幕。後室お幸の入りこみを丁寧に上演。「今日ほど、けぶな日はない」という六助の台詞がいきてくる。先代吉弥のお幸は気品と義太夫味において絶品だったが当代もこの高みを目指してほしい。染五郎の六助は吉右衛門写しで愛嬌もあって優れているが、「今にどうする、覚えておれ」に至る手強さを見せるには、もう少し年輪が必要か。お園は菊之助で来月の新作の準備もあってかこの一役のみ。花道の出で、女が男で歩いていると言うより、本当の男が歩いているように見えるのは立役が増えた為もあろう。絡みの浪人を使うのも原作にない入れ事なら、幕切れで片肌脱ぎになり緋縮緬を見せるお園の真心を見せるのも歌舞伎の美学。紅梅と一対になって美の極致。中幕は仮名手本忠臣蔵・八段目の『道行旅路の嫁入』。竹本。藤十郎の戸無瀬と壱太郎の小浪。親子で踊ることが多く孫との共演は珍しい。平成に入って先代芝翫と勘九郎(当時勘太郎)や梅幸と菊之助(当時丑之助)の二例があるのみ。隼人の奴可内。二番目が『極付幡随長兵衛』。吉右衛門の長兵衛は一階客席の握手にも丁寧に応じながら貫禄の登場。台詞の緩急は正に「極付」。湯を勧められて水野側の策に嵌ると知りつつ死を覚悟するあたり絶品である。染五郎の水野、錦之助の近藤も吉右衛門相手に貫目不足を感じさせず、地芸が上がってきた証。「村山座の場」では騒動が大きくなった時点で劇中劇の役者は退場してしまうが今回は最後まで舞台にいる。又五郎が坂田公平と次の場の出尻の二役を兼ねるだけに珍しい。慢容上人の橘三郎、舞台番の吉兵衛が好演。お時は魁春。夫との最後の別れで下を向きながら泣く姿が印象的。歌六の唐犬。(二日所見)
(野端康善)

[八月 稚魚の会 歌舞伎会合同公演]

盛夏の清流は、せせらぎの耳に優しきを涼とする。今回の目玉は、古典の大曲から取り出したる『双蝶々曲輪日記』、放生会前夜の八幡の里の物語。師匠からよく学んだ吉兵衛の十字兵衛、そして春之助の母お幸は浄瑠璃物たっぷりで。負けずに音乃助も、我當を思わせる、相撲取り濡髪。指導する梅玉の目に焼き付いているかもしれない。再起目指す桂太郎は流石の奴、文句なく巧い。演者もさることながら、浄瑠璃の筋の良さをひしと感じる。西でも当然に若者の勉強に用いられる訳も頷ける。丁寧な芝居を観て新たに発見し元々あるものを再発見するべく、我が眼を清ます修練。成駒屋の総力を挙げた盛夏の第二十三回に感謝。そのほかでも、楽しい風俗舞踊の常磐津『紅翫』を本家梅彌の指導で中幕に据える苦心の狂言立て。まだまだ曲の醸し出す俗気には遠いのは仕方ないけれど、紀伊国屋の先々はとても楽しみ。都史の三味線は今後も聞く、千寿も期待する。一番目の『番町皿屋敷』は梅玉得意の新歌舞伎。竹蝶は後室に嵌るも、器用に期待した橋吾は舞台をはみ出す大きさが既に稚魚の会に不似合い。疾く疾く卒業させるべし。筋書末に京紫の穏やかな顔写真、第八期と覚える。今頃は、来るのが早いと師匠に小言喰らってるだろ。
(水文様)




▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp