演劇出版社Top





今月のおたより・投稿
おたより

[大取り組み(四月歌舞伎座 昼の部)]

松緑の『西郷と勝』。千穐楽近くに見に行ったところ、これは凄い出来。懸命な台詞遣いどころか、遠く日本列島の南の端から上京、さらに東上した西郷どんや時代の実感がバッチリ出ている。たとえば歌川広重の江戸百景に出る堀江ねこざね。明瞭に聞こえて、遠くに富士山も広がるあの景色も目の前に広がる。恐れ入った。目先の変わった芝居、ああ、これは確かに「江戸城総攻撃」なんだと膝を打つ。
以前の『裏表先代萩』は、世話味が庶民的で小芝居めく夏芝居。それを菊五郎が歌舞伎座に出すというから、伽羅を焚かずにどうやるかと楽しみにしていた。圧巻は仁木の引っ込み、真昼の実悪はほくそ笑む。暗黒に広がる雲居にズズリズズリと足を掛け進む渾身の一撃。かと思えば、悪の小助を素軽く見せる、これこそ七代目。時代と世話の往来、余人に真似を許さぬ真価。そして、時蔵。今までは音羽屋の政岡を間近で見てきた経験をいかした真女形、きりりとした大役は情も深い。いい初役を見た。もうひとりとなると八汐で得な彌十郎、いやいや緊張して声のバランスが適度な彦三郎と、それぞれ出世を演じ切り難しい。
昼の部ふたつを繋ぐは同じ萬屋の錦之助。主役を受けきる脇に、大団円を気持ちよく仕舞う爽やかな高音と、貴重なニン。
(有平糖)

[惜しいかな「一世一代」(四月歌舞伎座 夜の部)]

仁左衛門が『絵本合法衢』を演じ納めとする。『女殺油地獄』に続く「一世一代」。見て感じたのは余力を充分残しての英断ということ。これだけ完成度の高い至芸が見られなくなるのは残念の一語。月後半にもう一回拝見するが心して見納めしなければ。
仁左衛門の魅力はいくつもあるがそのひとつは「笑い」の豊かさ。『吉田屋』の伊左衛門の炬燵の上に乗っての満面の笑顔、「七段目」の平右衛門の妹お軽と知って喜ぶ笑みを「陽性」の魅力とすれば、今回は「悪の華」咲く、ニヒルな笑いの魅力。序幕の「水門口」の七三で深編笠を取って闇に発光する「嗤い」。「多賀家陣屋」の幕切れに黒扇で顔を隠しながらの「あざ笑い」。「時代」の大学之助だけでなく、「世話」の太平次でも「倉狩峠一つ家」でお米孫七を殺し、やぶ蚊を潰しながら「もう夜が明けるそうだ」と呟く悪漢ぶりなど。「殺し場」は「歌舞伎美」のひとつだが、ここまで堪能できると快感でもあり溜飲の下がる思い。再演を繰り返し、まさに手に入った名人芸である。
だまされ非業の死を遂げる善人側もよくないと舞台は盛り上がらないが、錦之助の与兵衛、瀬左衛門の彌十郎、坂東亀蔵の孫七共に好演。時蔵のうんざりお松も退廃した感じがまさに南北の世界。四条河原の非人(荒五郎ら)も生き生きと。孝太郎のお亀も先月に続く当たり。吉弥の女房お道も手堅い。脇では松之助が良き「めがねの番頭」。當十郎の段平、梅乃の女中おみよも巧い。幕切れは原作では合法こと弥十郎ひとりで斬り込むが、皐月(時蔵)とふたりで。南北らしく「善」もまた騙し返しての大団円。与兵衛が「どこやら面差し似たる」と言いながら、弥十郎の事に気が付かないのもやや不自然で初演時には瀬左衛門と弥十郎は別の俳優で演じており、その方がよかったのでは。太平次の最期も語られるが印象が薄くより明確にしたい。大詰は『摂州合邦辻』のパロディにもなっている。現代歌舞伎演目の財産として後継者が現れんことを切に望みたい。(七日所見)
(野端康善)

▲このページのトップへ戻る

芝居雑感から「演劇界」やホームページの感想など、お気軽に投稿してください。
投稿フォーム

●投稿の手順とご注意

  1. 以下の各欄に必要事項を入力してください。
    • 数字は半角文字で入力してください。
    • 半角カナ文字は使わないでください。
    • ★印は必須事項です。必ず入力してください。
  2. 必要事項をご記入いただいたら「投稿」ボタンをクリックしてください。
  3. 皆さまからのお便り、投稿をお待ちしています。歌舞伎や文楽に関することならテーマは自由。原稿はできるだけ原文のまま掲載いたしますが、場合により編集させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

●お問合せ

  • 演劇出版社
    TEL:03-3261-2815
    FAX:03-3261-0149

●投稿内容

お名前
ペンネーム
(★お名前かペンネームのどちらかは必ず入れてください。)
E-mail
(★必須です。半角英数字で入力してください。)

(★確認のためもう一度お願い致します。)
TEL
(▲半角数字と-(ハイフン)で入力してください。例: 05-5555-5555)
(自宅 勤務先・学校 携帯 その他)
郵便番号 -
半角数字で入力してください。例: 555-5555)
住所
年齢
性別 男性 女性
職業
ご投稿内容
(★必須です。)

▲このページのトップへ戻る

top page 演劇界 最新号 今月のカラー写真 来月号予定 バックナンバー 演劇界増刊・別冊 定期購読 演劇界月報 演劇出版社の書籍 取扱書籍・CD・ビデオ おたより 投稿フォーム 演劇界アンケート テレビ・ラジオ放送ガイド(歌舞伎などの放送情報) リンク集 サイトマップ engekisp@engeki.co.jp